幹事

基本方針

幹事 荒井理人

新型コロナウイルスの世界的大流行という、大変な時期に幹事という大役を拝命いたしました。今年度は例年通りというわけにはいきません。会長をお支えし、世界で、地域社会で、そして今クラブに何が大事な事かを考え行動し、邁進してまいります。会員皆様の、ご理解ご協力を宜しくお願いします。

副会長

基本方針

副会長 内山泰成

RI会長テーマ『ロータリーは機会の扉を開く』人生と地域を豊かにする扉が、ロータリーには無限にあると話されております。
今日、世界中に感染症が蔓延し、活動自粛の歯痒い状況において、このテーマの意義をあらためて感じております。
今年度染谷会長が掲げるクラブテーマは『みんなが開く 新しい扉 新しい世界へ』
先ずは、私たち一人一人が、新しい扉を開くことにチャレンジしよう、そのことにより今までとは違った景色がひろがってくる。クラブを活性化するには、私たち自身の変化が肝要と理解いたしました。
今年度は活動自粛により、大変厳しい状況からのスタートですが、ピンチをチャンスに変え、活力に満ち感動あふれるクラブとなるよう全力でサポートしたいと思います。

基本方針

副会長 小沢 孝

「みんなが開く 新しい扉 新しい世界へ」をクラブテーマとしてスタートします。
今年度の活動方針には 新たな取り組みが多く企画されております。染谷会長のもとクラブ一丸となって新たな1年間を楽しんで参りましょう。

SAA(会場監督)

基本方針

SAA 岡部 勉

SAA、副SAAと共にスムーズな例会運営に努めます。明るく元気に楽しく進行して、尚且つ秩序とモラルのある大宮西RCの例会の素晴らしさを更に際立たせるように会場監督をして参ります。

  • 受付の総責任者
  • お誕生日祝い
  • 委員会別、業種別などのテーブル配置の設置
  • 会計

    基本方針

    会計 小林又次郎

    会計の基本は『正確』と心得、ロータリーの会費・入会金などの徴収・管理を誤りなく実行し、その結果を年2回の財務報告において適正に報告します。
    また、会費等の収入は、各実行部門において予算執行されて初めて活かされることから、各部門の活動に支障をきたすことの無いよう、タイムリーな会計アシストに努めます。
    各委員会の事業ごとの活動報告の監査においては、会員の負託のもと厳正なチェックを行い、理事会に提供します。
    皆さまの大切な拠出金が、各活動方針・事業実行に有効に活用されるよう正しい管理に努めます。

    長期計画委員会

    基本方針

    委員長 荒井伸夫

    今年度は、新3か年計画の2年目に当たりますが、スタートから新型コロナウィルス感染拡大の混乱に巻き込まれました。先の見えないこのような時代だからこそ、確かな指針としての長期計画が重要になってきます。だからといって一度決まった計画を無条件で受け入れてはなりません。その時々の時勢にあった動きをしっかり咀嚼検討し、議論し合い、必要なことは長期計画に反映して方向性を打ち出していくことが必要でしょう。

    1. 増強は当クラブの永遠のテーマです。ただ、増強した後にどんなクラブにしたいのか、会員の満足度を高め会員の積極的参加を促すにはどうしたらいいのか、などクラブの根幹となる事項を徹底的に話し合っていきたいと思います。
    2. 現行の奉仕活動はこのままでいいのか、惰性で奉仕事業をしてはいないか、新規の奉仕活動へのチャレンジは進んでいるのか、奉仕の理念に基づく魅力ある奉仕活動とは何か、議論は尽きません。
    3. 最後に、会員の皆さんにロータリーにもっと関心を持ってもらいたい、ロータリーを好きになってもらいたい。そのための方策として研修の充実ほか何ができるのか。長期的に大いに熱く議論していきたいと思います。

    東京オリ・パラ特別委員会

    基本方針

    委員長 髙橋秀樹

    1. 東京オリンピック・パラリンピックを地域の子供たちと一緒に観戦し、共に感動する」事業を準備してきましたが、開催が一年後に延期になった為、来年度の福田年度の事業にシフトいたします。
        来年、福田年度スタート直後の一大事業となりますので、しっかり準備を進めたうえで引き継ぎます。
    2. 3月のクラブ創立記念月事業として行ってきた「鉄道博物館ナイトミュージアム」を発展的に終息し、それに替わる事業として、東京オリンピック・パラリンピック競技種目の「世界記録の長さ・高さ・速さを体感しよう!」イベントを開催します。
      【3月27(土)~28日(日) 場所 : 鐘塚公園及びイベント広場】
      地域の子どもたちが、「世界記録の長さ・高さ・速さ」を間近で見ることで、その凄さと感動を味わうと共に、いずれは新しい記録が生まれるかも知れないという人間の無限の力・可能性を感じて貰えればと思います。子どもたちが、自身の可能性への「新しい扉」を開けるキッカケになって貰えることを願って開催したいと思います。

    プログラム委員会

    基本方針

    委員長 小林政良

    本年度プログラム委員会はクラブ管理運営部門から分離し、会長直下の単独委員会として活動して参ります。
    ロータリー活動の根幹は例会の出席にあり、プログラムの充実により例会参加を増やし、我がクラブの活性化に繋げるものであります。そういう面から本年度は様々な要素を取入れ、会員全体が参加できる例会づくり、また出席したくなるような卓話の充実等を考えてプログラムを構築できたらと考えております。
     会員の皆様により楽しく、興味を持てる例会づくりを目指して参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

    1. 卓話の充実……毎回、興味を引くような卓話を考えておりますが、特に年4回ほど大型卓話者に卓話をしていただきます。
    2. 会員全体が参加できる例会づくり……例会において担当委員会を明確にし、各委員会・委員が活躍できる場を設け、ロータリー活動を充実させる。
    3. イニシエーションスピーチ……入会していただいたら、なるべく早めにイニシエーションスピーチを行い、クラブ会員全体に知っていただく。
    4. その他大型事業等……例会場外における大型事業の実施。

    クラブ管理運営部門

    基本方針

    部門委員長 新井清太

    管理運営部門は五大奉仕の中の「クラブ奉仕」を担う部門であり、その目指すところは「クラブの活性化」であります。今年度の地区管理運営部門に拠りますと「戦略計画の推進」が加えられました。我がクラブにはすでにしっかりとした戦略計画が策定されておりますので、これを如何に推進していくかが課題であると考えます。そして、会員の皆様がより一層充実したロータリー活動を行えるよう、またクラブが益々活性化し躍進してしけるよう、親睦・研修・出席の3委員会でクラブ奉仕して参ります。

    ■親睦活動委員会 方針

    委員長 風岡淳一

    会員みんなで新たな扉を開くべく、会員同士の関係が深まる親睦の場を提供してクラブの活性化に繋げます。そのためにはまず親睦委員間の親睦を深め、会員みんなが「なんだか楽しそうだな」と思える例会・旅行を企画して参ります。

    1. 会員誕生日祝いの実施
    2. クリスマス例会の実施
    3. 最終例会の実施
    4. 会員親睦旅行の実施
    ■会員研修委員会 方針

    委員長 矢部正博

    会員研修委員会では、メンバーがより深くロータリークラブの活動を理解していただくために会員研修に力を入れていきたいと考えています。また、新会員の方が早くクラブに馴染み会員同士が深いつながりの場となるように新人研修や新会員歓迎会の実施を予定しています。さらに、イニシエーションスピーチにおいては、新会員の方が不安にならないように時間配分や内容についても丁寧に説明してスムーズにスピーチができるようにお手伝いしていきたいと思います。

    ■出席委員会 方針

    委員長 小岩淳一

    『出席率向上を目指す!』
    例会に参加してよかったと思えるような例会内容をプログラム委員会、親睦委員会と協議し実行していけるようにしたい思います。

    1. メークアップツアーの企画を実施(例会欠席者の参加を促す)
    2. 出席率を分析して、性質・構造を検討し向上を図る

    広報・公共イメージ部門

    基本方針

    部門委員長 石丸主憲

    今年度クラブテーマ「みんなが開く 新しい扉 新しい世界」のもと、広報・公共イメージ部門は、従来の公共イメージ向上委員会と雑誌・会報委員会に、新しく環境問題意識向上委員会を加え3つの委員会で組織されました。大宮西ロータリークラブの活動内容を対外・対内にしっかりと発信することで大宮西ロータリークラブの活動の更なる認知、クラブ内の活性化に繋げるとともに、昨今の地球規模の環境変化について、会員みんなで考え議論する機会を創り、環境問題の意識向上・意識改革を図ります。私たちに課せられた新しい世界の「扉」を大宮西ロータリークラブが率先して開くため、みんなのクラブ活動をしっかりと発信して参ります。

    ■環境問題意識向上委員会 方針

    委員長 押野一郎

    現代社会を理解するのに環境問題を切り離して考えることはできない。そこでクラブと関係の深い環境問題を提議かつ共有することで理解を深め、ひいてはクラブの活性化につなげる。

    1. フードロスと例会出欠
      出欠申請の予定と実際を比較し、どのくらい食品ロスを生んでいるのかを知る。この結果をもとに例会出席を促すことでより豊かな例会を目指す。
    2. ペーパーレスと運営資料
      運営資料の電子化で無駄を認識してもらう。同時に自治体などと組んで苗木購入・植樹体験ツアーを企画し、会員各社と共に一緒に育てる。
    3. 中古携帯電話から始まる環境問題意識の向上
      会員の机の中に眠っている「ときめかない」携帯電話を無償提供してもらう。その結果としての果実をロータリーバッジ等の形にして会員全員で分かち合う。
    ■公共イメージ向上委員会 方針

    委員長 山崎一祥

    ロータリークラブという名前を聞いたことがあっても、どういう活動をしている団体で、何に貢献しているか?という問いには「わからない」「知らない」というのが、世間の実情です。
    このような状況から、公共のイメージを向上させることは、大変重要なことと考えます。
    当委員会では、ロータリークラブが地元や世界でどれだけ素晴らしい活動をしているかをホームページやSNSを活用して、適切に報告していきます。
    ロータリーの目的を踏まえて、会員皆様への情報伝達、及び広く地域の方々に向けて、何をしている団体なのか?も伝えつつ、奉仕の実践を社会に発信していきます。

    ■雑誌・会報委員会 方針

    委員長 榎本貞寿

    雑誌・広報委員会は、主にクラブ内に向けたインフォメーションを担当いたします。ロータリーの友は、会員自らが理解を深めるために重要な情報誌です。国内外のクラブの活動状況などわかりやすく解説いたします。
    また、クラブ内情報として週報の作成・配布により活動内容の報告と周知、情報共有に努め会員の皆様が新しい扉を開き、新しい世界へと行動できるきっかけとなるように活動してまいります。

    会員増強維持部門

    基本方針

    部門委員長 福田和子

    会員が増加し始めてから約10年を過ぎようとしています。
    先輩の強力な指導の下多くの会員が入会しロータリーの基本情報の共有、丁寧な会員研修を通じて育って参りました。一時は飛躍的な増強がありましたが、このところ純増は、足踏み状態です。
    さらに全会員が、ロータリーを深く理解し素晴らしさを享受することです。
    奉仕事業に参加することの意味、達成感の喜びを分かち合うために人とのふれ合いの必要性が、欠かせません。今期は、増強維持・退会防止に向け対策を講じてます。
    伝統あるクラブ・発展するクラブに誇りを持ち 魅力あるクラブを目指し一人一人に多方面の扉を活用してもらい 増強への意識を高めて目標を達成します。

    ■会員増強維持委員会 方針

    委員長 永井 博

    部門基本方針のもと、10名の純増、特に女性会員の比率10%を目指し取り組んでまいります。今後のクラブを担う人材獲得のため、特に若手会員メンバーと連携を図って新規会員の獲得を目指して参ります。また、新規会員に対してのフォローとして、①例会を連続欠席した場合に理由を確認する、②例会では隣席することによってコミュニケーションをとってまいりたいと存じます。昨今の世界的な社会・経済情勢は、メンバー増強、維持において困難が予想されますが、当クラブの繁栄において基本となる分掌と捉え尽力して参ります。

    ■会員選考委員会 方針

    委員長 田口修身

    会員から推進された入会予定者がロータリアンとしての資質が備わっているか、ロータリ-クラブの奉仕活動を行っていけるかを判断して理事会に上申する。

    選考基準

    1. 推薦者より入会予定者の説明を受ける。
    2. 例会およびクラブ行事に積極的に参加する意欲が有ることを確認する。
    3. 奉仕活動に熱心に取り組む意欲が有るかを確認する。

    財団支援部門

    基本方針

    部門委員長 藤嶋剛史

    「世界でよい事をする」ために設立されたロータリー財団は、病気予防、健康改善、教育支援、地域社会発展、平和推進など、世界中のプログラムのために寄付を集め、活動に充ててきました。
    また、日本のロータリーの父・米山梅吉氏の功績を記念して生まれた米山記念奨学事業は、世界に平和日本の理解を促す「日本独自」の国際奉仕プログラムとして、留学生の学業支援と同時に、ロータリー精神を学び日本と母国の懸け橋となる人材育成を行っています。そしてそれらはともに、国際理解・親善・平和を目的としており、そのすべてが我々ロータリー会員をはじめとする支援者の自発的な寄付のみによって支えられています。ロータリー財団、米山記念奨学事業への理解をいま以上に深め、目的や目標を再確認することにより、クラブ事業をより活性化し新たな扉を開く一助にしたいと思います。会員皆様のご協力をお願いいたします。

    ■ロータリー財団委員会

    委員長 竹内雅人

    ロータリー財団の仕組みは複雑な部分があり理解するのは容易ではありません。クラブメンバーに財団の仕組みを少しでも多く理解していただき、寄付金と資金運営の必要性を感じていただくことで、ロータリアンとして更に新しい扉を開いていけるように務めていきます。

    ■米山記念奨学委員会 方針

    委員長 円谷友香

    米山記念奨学事業の目的は、将来母国と日本との架け橋となって国際社会で活躍しうる優秀な留学生を奨学すること。
    奨学生のディルバ・サレマンさんには、例会出席はもちろんのこと、更に深い交流・カウンセリングを通して、当クラブとの絆を今まで以上に深めて頂きます。方針として2点。

    1. ディルバさんに、例会・クラブ事業に心から楽しんで参加して頂く(学友となっても当クラブ事業に参加できると良い)
    2. 会員一人あたり寄付目標額25,000円の達成(毎年800人を越える多くの奨学生が採用されますが、日本全国34地区への奨学生の割当人数は各地区の寄付実績により決定。ご協力お願い致します)

    奉仕部門

    基本方針

    部門委員長 井上勝美

    今年度当部門は職業奉仕委員会、社会奉仕委員会、国際奉仕委員会、シスタークラブ委員会の4委員会にて運営致します。ロータリー活動は平和の推進、疾病との闘い、水と衛生、母子の健康、教育の支援、地元経済の成長と6つの分野に重点を置いて各委員会が年度計画に基づき奉仕の実践を通じて感動を味わい、より多くの会員が「魅力あるクラブライフ」になるよう邁進して参ります。

    ■職業奉仕委員会 方針

    委員長 小島 徹

    奉仕部門の第2部門であります職業奉仕は、ロータリーが創り出した概念であり、ロ-タリーの根幹ともいえる職業人の倫理運動であります。今年度の職業奉仕は職業奉仕の理念とクラブの活動方針に沿った かつ 分かり易いプログラムを行ってまいります。

    1. 模範となる企業訪問
    2. 職業倫理を学ぶ為の卓話
    3. 会員名簿の作成
    4. 環境問題意識向上事業への参加
    ■社会奉仕委員会 方針

    委員長 吉田浩士

    地域社会の問題は表面化しているものが非常に少なく、根が非常に深いものがあります。またその一方で、問題が表面化しているものの、個人の力で解決するには手に余るものもあります。
    社会奉仕委員会では、これらの地域社会における様々な課題を再確認し、課題解決に向けた奉仕活動を推進します。具体的には児童養護施設や特別支援学校などへの支援と、今まで行われた継続事業の効果の確認などを行います。
    活動を通じて、ロータリアン一人ひとりが社会奉仕の目的と必要性への理解を深め、地域社会の多くの人々の生活の質が高まり、安らぎのある社会へと発展するよう貢献して参ります。

    ■国際奉仕委員会 方針

    委員長 新藤栄介

    本年度も引き続きラオス人民民主共和国のラオ・フレンズ小児病院の支援を継続してまいります。2015年に開設した病院も今年で5年が過ぎました。当クラブとしても6周年目の来年2月頃、現地に赴き直接の支援・交流を行うべきかと検討しておりました。
    しかしながら現在、新型コロナウイルスの世界的な蔓延により我が国日本も緊急事態宣言が発令中であります。こと相手国のラオスにおきましては感染者数19名(4/13現在)と世界的規模に比べて少数ですが、隣接するタイとの陸路国境の出入国禁止措置、国民への14日間の外出禁止令により封じ込めが成功していると思われます。
     この様な世界的緊急事態の中での国際奉仕事業は、ロータリーとしても初めての経験ありますけれども、現地と連絡を密にしながら乗り切っていきたいと考えております。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    ■シスタークラブ委員会 方針

    委員長 立山英樹

    大宮西ロータリークラブと、台湾・南投扶輪社は19700年2月16日にシスタークラブ締結がされました。
    当時日本では大阪万博が開催された年で、本年は締結50年の節目の年でもあり、今まで先輩諸兄によって脈々と継続された事業です。
    また南投扶輪社の葉惟尭(Bed)会員が2020~21年度ガバナーとなりました。さらに今年度の国際大会も台湾にて開催されることになっております。
    この記念すべき年に台湾南投RCへの公式訪問と国際大会に参加をし、大勢のクラブメンバーの皆様と祝い、台湾南投扶輪社との友好関係をより深めていきたいと思います。
    どうぞ宜しくお願いいたします。

    青少年奉仕部門

    基本方針

    部門委員長 川井理砂子

    当部門の活動は、RI常設プログラム等により積み上げられてきた成果を承継しながら、次世代を担う若者達の奉仕の理念と責任感、リーダーシップを育てる活動を支援していくことを目的としています。今年度は、大変厳しい世界情勢からのスタートとなりますが、このような有事にこそ、次世代を担う青少年の育成に当クラブが貢献できることは何か、よくよく考えて参りたいと思います。

    ■青少年奉仕委員会 方針

    委員長 坂本哲朗

    当委員会の主な役割は、本来、交換留学生を温かく受入れ、支援することで、国際理解、親善を推進するとともに、次世代を担う青少年を育成することにあります。本年度は、交換留学生の予定はありませんが、これまでにはぐくまれてきたクラブの精神を絶やさぬよう、次年度につなげていきたいと考えています。そのような観点から、5月の青少年奉仕月間には、将来を担う青少年の育成と、国際親善を考える例会を企画したいと考えております。

    ■インターアクト委員会 方針

    委員長 横溝一樹

    昨年度はインターアクト委員会の大きな活動の一つである韓国第3750地区インターアクター相互訪問事業が新型コロナウイルス(COVID-19)拡大の影響によって中止となりました。本年度はこの交流事業の再開を大きな柱としながら、当クラブが支援する埼玉栄高等学校インターアクトクラブともこれまで以上に連携していけるよう活動して参りたいと思います。埼玉栄インターアクターにもクラブの例会やイベントへの参加を促し、ロータリークラブの活動への理解を深め交流を図るとともに、クラブとしてもインターアクトクラブ及び吹奏楽部としての活動のサポートをこれまで以上に積極的に行えるように努め、またそのためのアイディアなども広く募っていきたいと考えております。